営業時間 12:00~21:00 TEL092-203-0096 講義中などで電話に出られない場合は留守番電話の対応になります
ページタイトル
2016.12.10
投資を考えるヒント3(ギャンブルとFX・先物取引の違い)

どちらもこれが良さそうだと予想してその結果から分配を受け取るということでは同じですが、ギャンブルはまず主催者がいてその主催者が賭け金総額のうち数%(JRA25%、宝くじ約54%)を差し引き残りを分配する仕組みで、エントリーの時だけ意思決定が反映され期待収益率からすれば儲けにくくなります。それに対してFX・先物取引は、主催者がいませんから投資成否を決めるのはエントリーと決済の2回の意思決定次第ということになります。そしてその意思決定は、エントリー時は自由に行えますが、決済時は株式投資(信用取引除く)と違いレバレッジをきかせていれば担保状況や期日等によって制約が出てきます。またギャンブルと違いその損益範囲は、ロスカットなしの場合マイナス無限~プラス無限になります。➡ヒント4へ

※投資を考える1(ギャンブルと株式投資の違い)、2(FX・先物取引と株式投資の違い)参照